Produced by 株式会社 ITN
 岐阜の名水
 
 加賀野八幡神社
 喜八河戸
 教如上人御清水
 二条関白蘇生の泉
 最茶名の延命水
 万石の名水「幸福の泉」
 清水川
 高屋稲荷神社の井戸
 玉倉部の清水
 垂井の泉
 HOME
 
岐阜の名水


岐阜の素敵な名水を訪ねてみませんか?心に残る感動が待っています。

岐阜県では環境庁が実施した「全国名水百選」に3ヶ所が選定されるなど、岐阜は名水の宝庫なのです。
岐阜ネットでは、管理人が実際に現地を訪問した名水(飲用水だけに限らず優れた湧き水等)を紹介致します。
※生水の飲用は自己責任で行ってください。飲用にあたり問題が生じましても一切の責任を負いかねます。

 教如上人御清水(きょうじょしょうにんおしみず)潤いの泉

所在地

 揖斐郡春日村六合

電話番号

 0585-57-2111(春日村役場)

その他、周辺情報

粕川大橋を渡ってすぐの信号を西へ折れ、県道32号線を3kmほど走った右手にあります。
水量は豊富で、水場もきれいに整備されていますが、筒は1本しか出ていないので、休日は相当に混みます。
また道路沿いのため、駐車はせいぜい3〜4台程度しかとめられません。
 
春日村にある小島山の中腹付近の山肌から、静かに、だがとうとうと清々しい水が湧き出しています。
岩肌に差し込まれた竹の筒から流れ出す水量は豊富で、その水を汲む人が次から次へと容器を並べていきます。
この泉は古くからの由来があります。約400年前の1600(慶長5年)、後に東本願寺初代法主となる教如上人が、京へ帰る途中、関ヶ原の合戦で陣を張っていた石田三成の追手に遭遇します。
教如上人は山道に入り難を逃れた後、この村にたどり着き、この泉の水で心を潤されたといわれています。
また、御上人の足跡のついた「御足跡石」が保存されています。