「板前料理 しぐれ茶屋」 は創業38年、
大人の社交場として皆様に愛されてまいりました。

ここで出される日本酒は、「剣菱」のみ。
その理由は、店名にあります。
しぐれ茶屋とは、川口松太郎氏の小説『しぐれ茶屋おりく』から頂いたものです。
『しぐれ茶屋』を使わせていただきたいと作者である川口松太郎氏に申し出たところ、
店でだすお酒は、小説の中で出てくる剣菱のみ、との条件で店名を頂きました。
開店してから38年たった今も店主はその約束を守り、
店で出す日本酒は、「剣菱のみ」なのです。

お酒好きの方、知っていますか?剣菱には、冷酒があることを。
ここでは、東京、大阪、岐阜のしぐれ茶屋の3店舗でしかお目にかかれない幻の「剣菱の冷酒」が味わえます。
剣菱は辛口ですが、冷酒はほんのり甘くとても口当たりがよい為、ついもう一杯と飲めてしまいます。
これを目当てに来るお客さんも多いようです。

お料理は定番メニューから季節に合わせたお魚などもあり、
カウンターには季節のもの、野菜の煮物などもおいてあり、ゆっくりお料理やお酒を楽しみたい方や
大切な方へのおもてなしなどにぜひご来店くださいませ。